2009年12月16日水曜日

poken



ハイタッチのチャンスを逃したらやだと思って設定してみた。





2009年7月15日水曜日

困ったな



ポスグレ8.4でクラスタ機能実装まだ。


がびーん。そこが魅力だったんだけど。


調べて唖然として調べるの止まっちゃったけど


明日はもっと深く調べなきゃな


バキュームの効率化をベースにすすめよかな


報告まとめる前に優良点もっとピックしよ


あーあたまいた





2009年6月30日火曜日

docomo で Google配布のandroidは無理らしい。



2009のGoogle基調講演に行った友人が会場でもらったアンドロイド端末で以下の事実があったとのこと。


Docomoショップにて確認したところ・・・


1.データ定額にすれば7,000円弱で定額利用可能


2.通話は普通の携帯と同じ仕組み


3.1.2.は同じSIMでは契約できない ← !!!!


4.通話と同時に加入できるデータ定額はBizホーダイとパケホーダイのみ。


5.Bizホーダイとパケホーダイに接続できるのはドコモ純正の携帯のみ。


デザリング機能の防止が目的??


開発者向けにもうちょっと何か考えてよと言いたい。


Android端末を売るためにも平易なアプリ開発環境のことも視野に入れて欲しいです。





2009年6月28日日曜日

iPhone買ったよ旧型だけども。悩んでる人へ



旧型のiPhone16Gを買って一週間が経った。


正直Edyが付かない携帯なんかと思っていたが、全然違った。


便利と言うより面白過ぎるこれ。


電話よりメールやWebでの使用がメインの人にはお勧めできる。


二台目を持つ気になったのはランニングコストだ。


auユーザーだった自分はパケホーの5980円を毎月プランに上乗せして払っていた。


何に使ってたかと言うと、webmailの確認。twitter、wassrだったりした。


softbankのWeb使用料を考えるとここは相殺。


一括で買ってしまうので月々の基本使用料はほぼただの計算だ。


其の上、九時から一時までを除けばソフトバンクユーザーどうし無料。


それだけでも価値あるじゃんこれ。


二年間の制約はあるが、其の間に一万五千円の元は十分取れると考えた。5000円の商品券を考えたら一万円か。


そもそも16Gのtouch三万超えるって変だ。


いい買い物した。3gsの次のiPhoneはリアルに買っちゃうかもなぁ。


使い倒して逝きたいと思う。


これもiPhoneで書いてます。





2009年3月27日金曜日

ついったーと言うもの

ついったーというものがある。

人間色々と独り言を言ってしまうものだが無意識と共に発せられるこ奴は周りにとっては迷惑でしかない。なぜならそれは基本的に「ちくせう」だの「あっ」だの言う不快なものだったり、良いものでも「やった」など意味が解らないと面白くないものという始末だからだ。

満員電車で皆がつぶやき、それが五月蝿く、意味が気になる人や怒りを勘違いした人が喧嘩になり修羅場。
皆殺気を振り撒きながらつぶやく訳である。
これは大日本呟き奇声法案が必要だ。
しかし世界は不景気でそのような会議をする前にやることがいっぱいあるのだ。料亭でうまいもんくって呑んだり。裏金を作ったり。

そんな暇。ねぇ。

そこで登場したのがツイッターと喚ばれるつぶやき投稿掲示板である。
つぶやきを簡単に保存できたり、ひとのつぶやきを見れたり返信したり何より友達ができてしまったりするのだ。

うへぇ。えらい。

世のため人のために頑張れついった〜。

しかっし。
良いものでも何かしら欠点があったりするものですね。だよね。しちゃうよね。薬の副作用みたいにさ

君子たるもの物事の欠点を見極めて付き合わないとね。てへっ。

よし。先ずはやってみますか。

うほっ。あん。おー。とりゃ〜。

オモロイ。

ほれ。それ。ど〜ん。

オモロス。ギル。

そして之にはまる人間はリストラの恰好のまと。

「はい君バイバイねー。」

職を失った僕は家族持ち。

家族は路頭に迷い独り言が増えると。

ん。

ほそぼそとやろっと

2009年3月25日水曜日

そっけなくしてください。

be curt 翻訳機にかけると「そっけなくしてください。」

ほーい。

僕と1ルピーの神様 読了。
嘘食い10巻、11巻 読了。

2009年3月19日木曜日

町田康



うえぇぇい


テイストオブ苦虫2巻。昼買って1人飯食いながら読んでルンルン


おもろぃ







2009年3月3日火曜日

別に作らないけれど



http://www.ideaxidea.com/archives/2008/11/10_8.html


こういうのも当たり前で捕らえるんじゃなくて、意識的に確認しておくのことも技術者に必要かもねとメモ





2009年2月11日水曜日

よくある話



如何に今いる自分の会社が恵まれてるかを教えてくれた後





でも今度転職する~


( ゚д゚)ポカーン


まじでぇぇぇぇ!!





2009年2月3日火曜日

なんか残ったのでかいとこっと


33歳ってどうだろう。

乗り換えの駅でちょっとマックに立ち寄る。

頭の中は言語のことや個人事業主なら日々思うだろうことを考えたりする。

小回りのきく中小企業なんて言葉はもうなく、今まで培った財産を削る大企業と

削る部分を持たぬ決死の中小企業といったほうがしっくりくる気がするのは気のせいだろうか。

まだ文句がでるだけ日本には余裕があるのだろう。

コーヒーを飲んでいると、ふと隣でナンパがはじまった。

「君世界に行った方がいいよ。

まだ20代なの?僕より10歳以上若いじゃないか。

僕は四十カ国以上回って凄いいい経験をしたよ。

世界はfacebookってやつでつながっていてね。

知ってるかなぁ facebook?ミクシのでかいやつだよ。

ハーバードを出てこないだ外資の誰々と結婚した娘とか。

今○○で働いていて海外出張してるやつとかさぁ。

凄い人たちとつながっているんだ。」

「うーん僕はドリーマーなんだよ

自分で言うの変だけど。

みんなもう結婚しちゃって子供も居て当然だしさ。

僕無職なんだ。33歳なんだけど借金が30万あってね

親に怒られちゃってさぁ。

もう知らないぞとかって

でも借金できたのは中国でITの企業でバイトしてそこで収入があったおかげなんだよね。」等々。

それからの会話は欧米人との仲良くなり方とか英語を披露したり。

今度連絡したいからメールを教えてくれとか。

正直最初は勘弁してくれと思った。

店の中でかなりの大きい声で話しており、周りの人みんなの引いた空気がそこにあったと思う。

以前の自分だったらただ不愉快になっていた気がする。

だけど今日思ったことは、こういう人ともうまく仕事をしていったりしなければということだった。

個人の生き方をとやかく言えるほど僕はできた人間ではない。

こういう人とは仕事をしたくないなんていえる人間でもない。

流暢に英語を話して披露することや、自分の納得できることだけやるような強さはちょっと持たなきゃいけないかもとか思ったりした。

この人が数年後、社会的地位や収入を持ってることだって大いにありえる。

そのとき僕はうらやましがってしまうだろうか。

浅はかだと思いはじたのと同時に、大事なのは自分自身のあり方、志だ。人がどうだからって関係ない。

そんな風に素直に思えた。とても不思議な感覚だった。

自分は妻と子供一人抱えて生きている。

33という歳で当たり前のことを気づくのは遅すぎるかもしれないが、これからはありのままに

本当の自分で生きて後悔しないように生きていこうと決めた。

実際の自分の頭の中は今書いていることよりももっとおかしな回転の仕方をしていたのだが、残念ながらすべて書くことはできない。

でも、今日こういう経験をしたことを忘れたくはないと思ったので、正直増田に書きたいとも思ったがここに自分のために残しておきたいと思う。

あと4ヶ月で34歳。

33のうちにできることをやっていこうと思う。




いろいろなことを考えさせてくれてありがとうと言いたい。