2009年3月27日金曜日

ついったーと言うもの

ついったーというものがある。

人間色々と独り言を言ってしまうものだが無意識と共に発せられるこ奴は周りにとっては迷惑でしかない。なぜならそれは基本的に「ちくせう」だの「あっ」だの言う不快なものだったり、良いものでも「やった」など意味が解らないと面白くないものという始末だからだ。

満員電車で皆がつぶやき、それが五月蝿く、意味が気になる人や怒りを勘違いした人が喧嘩になり修羅場。
皆殺気を振り撒きながらつぶやく訳である。
これは大日本呟き奇声法案が必要だ。
しかし世界は不景気でそのような会議をする前にやることがいっぱいあるのだ。料亭でうまいもんくって呑んだり。裏金を作ったり。

そんな暇。ねぇ。

そこで登場したのがツイッターと喚ばれるつぶやき投稿掲示板である。
つぶやきを簡単に保存できたり、ひとのつぶやきを見れたり返信したり何より友達ができてしまったりするのだ。

うへぇ。えらい。

世のため人のために頑張れついった〜。

しかっし。
良いものでも何かしら欠点があったりするものですね。だよね。しちゃうよね。薬の副作用みたいにさ

君子たるもの物事の欠点を見極めて付き合わないとね。てへっ。

よし。先ずはやってみますか。

うほっ。あん。おー。とりゃ〜。

オモロイ。

ほれ。それ。ど〜ん。

オモロス。ギル。

そして之にはまる人間はリストラの恰好のまと。

「はい君バイバイねー。」

職を失った僕は家族持ち。

家族は路頭に迷い独り言が増えると。

ん。

ほそぼそとやろっと

0 件のコメント:

コメントを投稿