2011年7月15日金曜日

fedora15のSeesmic2を削除してみた

cd ~/.local/share/moonlight/applications

ここを見たら
3134956985.d.seesmic.com

こんなのがいたので削除した。
無事にアクティビティ→アプリケーションから消えた。

2011年7月11日月曜日

fedora15のエクリプスにfirebugsの文字化けを回避して入れてみる。

fedora15にeclipse3.7を入れてfirebugsをupdate-siteを使ってインストールしたところ
盛大に文字化けした。
原因はfedora15がutf-8で解釈しているのに対しfindbugsがshift-jisであるところにあるらしい。
以下のサイトを参考にさせて頂いた。

■[java] UTF-8環境での eclipse findbugs-plugin の文字化け解消
http://d.hatena.ne.jp/ihiroky/20100119/1263870050

ところがこれだけではfedora15ではうまくいかなかった。
ステータスバーに文字化けが残ってしまう。
そこでひと手間
コピペ用まで用意していただいているので引用させていただくと、

mkdir tmp
cd tmp
jar xvf ../findbugs-plugin.jar
for f in `find . | grep _ja`
do
 cp -p $f $f.sjis
 nkf -w $f.sjis > $f
done
mv ../findbugs-plugin.jar ../findbugs-plugin.jar.sjis
vi messages_ja.xml ・・・SHIFT-JISで記載されているxml設定をUTF-8に変更
jar cvf ../findbugs-plugin.jar .
cd ..
rm -r tmp

これでfedora15のeclipse3.7も幸せになった。