2012年11月18日日曜日

SIM Free iPhone5でxi

SIM Free iPhone5をdocomo運用するために調べると色々出てくる。
でもそれぞれ微妙に言ってることが違ったりしてわかりづらい。

・OSのアップデート方法の参考は
http://blog.backspace.jp/2012/11/ntt-docomo-lte-xi-on-ios-601.html 

・SIMカットのための方法は
http://plaza.rakuten.co.jp/takkenfudousan/diary/201209270001/ 

ここが一番わかり易かった。

2012年11月2日金曜日

g+をmacで快適に使うために。

tab for google+ pro を入れてみました。
Macのタブメニューから内部ブラウザで開いてくれるので重宝しています。

個人的に使っているgmailとSNS用のgmailが異なる人にはお勧めです。
通知設定の有無を選べる機能があるともっといいかな。

検索中にGoogleのメニューバーに通知数が出て気になる方にはおすすめします。


ではでは。

2012年10月19日金曜日

海外でのiPhone5,macbook pro15ich購入についてメモ


アホみたいに調べまくったのでめもります。

価格はおおよそ(iPhoneはSimfree64GBで固定)
iPhone5(GSM A1429)  香港72100円, 日本10万前後 ,豪82000円,米なし。
mbpr 15ich                香港236000円, 日本238800円, 豪 260000円,米224000円

iPhoneは断然香港が安いけどmbprとかについては米が最強で、香港、日本も安い。
MBPは日本では良くメモリ増量サービスとか見るけどキーボードがUS希望なので自分はいつも受けられないです。
で、冷静に考えるとこの価格差で、香港までわざわざ買いに行く事考えたらオーストラリアで全部揃えた方がいいやと気づきました。
ここ数日間あーでもないこーでもない考えた自分に説教したい。
問い詰めたい。

ちなみに友人が香港に行く人は買ってきてもらうのがいいと思うんですが、iPhoneは前日予約とか分けわからない注文方法なので厳しいと思います。
一番ラッキーなのは現地に友達がいて、自分が行く時までに買っておいてもらうことでしょうか。
こんな情報でも無駄に調べる人が出ないためにもメモ。

2012年10月12日金曜日

sim free iPhone5を買おうとしてるんだけど今までにわかったことをメモしてみる。

とある事情で来年以降海外に行く事になっていて(長期)そのためにiPhone5のSIM FREE版を購入しようとして悶絶してます。
人によって色々条件が変わると思いますが、自分のためのメモと誰かのための参考になればと書いて見ることにしました。

1. apple care+には入れる国が特定されている
  ・アメリカ
  ・カナダ
  ・日本
  この中でアメリカ、カナダの2カ国でしかSIMフリーは取り扱っていない。

  アメリカは16Gが$650、32Gが$750、64Gが$850で
  カナダは16Gがカナダ$699、32Gがカナダ$799、64Gがカナダ$899で
  今日現在為替はアメリカが1$あたり78.5円前後、カナダが1カナダ$あたり80円前後
  と言うことは・・・どう考えてもアメリカで買ったほうが安い

2. 30日の購入であれば上記のiPhone5を買ってもapple care+に日本で申し込める。
    *但しアップルストアーに行く必要があり。

------------ 自分の行く国が以下 GSM A1429限定で
3. ナノSIMはXiSIMを切ってもb-mobileSIMを切っても使えるらしい。3Gのみ

4. イーモバイルSIMは現状使えない。3Gは1700MHzでxLTEは契約業者じゃないからダメ

Xiかb-mobileだと3Gが使えるけどLTEはappleと契約してないからダメ。
イーモバイルはもしかしたらLTEは使えるようになるかもしれないけど3Gは諦めろ。
-------------

今家族でauのiPhone4sを2台持っているので、それを下駄使用でSIMフリー化して
1台は向こうで使おうかと思っています。

MNPでXiの2年運用をするのが現実的かなぁ。

追記
アメリカでは欲しいGSM A1429が買えないことが判明orz
http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=11739

日本のアップルストアに確認したところ香港で買ったiPhone5は
アップルケアプラスに入れない \(^o^)/

2012年5月25日金曜日

google searchのiphone版がめちゃくちゃ快適になってた件

Googleの検索アプリがめちゃくちゃ便利になってたので昔削除した(ごめんなさい)けど
復活させました\(^o^)/

起動画面はこんな感じです。

何が便利かというと、これSafariを呼び出すんじゃなくてアプリ内で完結してくれるのと、
検索結果画面からのたった一つのタブ起動という形でリンク先を表示するため、
検索結果に戻って一覧から選びなおす苦が減るのと、タブをいちいち消していたSafariのステップが減ります。

使用イメージはこんな感じです。
検索結果画面




リンク先表示時

検索文字が、検索結果表示のタブに表示されているためわかりやすいです。
そして、右下の虫眼鏡のマークをタップすると、検索文字が強調表示されます。


難点は検索リンクから初回ページ起動中にいじるとちょっとかっこ悪い

ところと、ページによっては画像が最適化されない(これはページの問題の気もします)
という現象が見れたことです。

自分の場合調べ物をしてそこからURLに飛ぶケースが多いので、検索用にホームに置いておきたいと思います。

下のリンクでアプリ説明に飛びます。
google search

これ考えた人すごい

最近子供がライターで勝手に着火できないようにガスライターの着火機構に変更が行われましたが、
昔ながらの石をするタイプのライターを見て感動したのでポストします。


これなんですが、よく見ると今までギザギザだった部分に金属のプレートが巻きつけてあるデザインになっています。よーく見ると



着火口に引っかかりがあるのが見えます。

着火するときにこのプレートが押されると引っかかりが取れて石を擦る部分が回転するようになっています。
これ考えた人すごい!!!

ちなみにガスを出すためのボタンはロックに関係なく押せたので子供が押した時にガスだけは出てしまいます。
ガスが必要なのは火花が出たタイミングだと思うのでこのロック機構と連動しているともっといいと思いました。
ただ、このアイディアを考えつくまでにはやはり苦労があったかと思いますのですごいなぁと思いました。
BICジャパンさんのライターでした。

2012年5月7日月曜日

無事4.03にできていたことを今更確認した。

NexusSのICSへのアップデートでリカバリーモードが壊れたため
再インストールした旨を以前書いたが、GoogleからのICS4.0.4の自動更新が届き、
無事にアプデートされていたことが確認できた。

あってるとは思っていたけどホット一息。

2012年3月4日日曜日

Nexus s をics にしたら recovery mode が壊れた。

以前の現場を去る時にプレゼントにNexus Sを頂いてしまった:)
ちょうどICSが出たタイミングで手動アップデートを試みたところrecovery mode が壊れた。
アップデートしたいファイルを選べなくなったのだ。
海外のサイトでも同様のユーザーがいたようでたまたま自分は解決したので書く。


頂いたNexus SはI9023というモデルでどうやらヨーロッパ仕様のものらしい。


これにその当時解説がたくさん出回っていた、VQ8PQk_V.zipというROMを取得してインストールしたのだがこれがまずかった。

以下自分が行った手順を書く。


たまたま自分の場合にうまく言ったケースであることも考えられるため、あくまでも自己責任でお願いします。

1. まずはNexsus S を2.3.6に戻すことにした。

Nexus SをAndroid 2.3.6(GRK39F)の標準状態に戻す手順
を参考に 2.3.6に戻した。
この記事内のICS4.03 は自分では動かなかったものなので入れない。


2. 次にI9023で動く別のROMを取得する。
xdea-developers フォーラム内にあるZD3PyN0t.zip
これをインストールすることでリカバリーモードも正常に動くICSを手に入れた。