2013年1月31日木曜日

Mbpr15にwin8をbootcampで入れてみた3

すみませんでした。
先日WindowsMediaCenterの認証のところまで書いていたのですが、
「機能の有効化」を行う部分を記述していませんでした。
インストールを行ったあと
Windows8にログインしてWindows8のスタート画面から右端の虫眼鏡マークを選択して、設定を選んでいる状態で「機能」を検索。
Windowsの機能の有効化または無効化を選び、メディア機能->Windows Media Centerをチェック

OKを押して再起動後に無事WindowsMediaCenterがホーム画面に表示されるようになります。
先日までの作業で認証自体は通り、インストールもされている状態ですが、大事な部分がかけていました。
心配になってしまった方がいらっしゃったら申し訳ございません。





以上です。
ちなみにMbpr15で起動してみると解像度が高すぎるのでパフォーマンスが落ちる。だから解像度を下げて起動しやがれとありがたいお言葉が小さく表示されていました。

2013年1月30日水曜日

Mbpr15にwin8をbootcampで入れてみた2

windows8の低価格購入期限が迫りましたが、
何気にWebを見ていたらWindowsMediaCenterが無料!!
ただし、アクティベーション期限がwindows8と同じ2013/01/31まで
つまりもらっておくだけじゃダメでWin8から機能を追加する期限が明日です。

明日じゃん!!!

ということで昨夜早速入れてみました。
すると…アクティベーションのメールがなかなか来ない!!!
自分はメールを受信するまで3時間かかりました。
72時間以内にメールを送るよ~なんていうさらっと恐ろしいメッセージが出たので
手に入れたい方はアクティベーションメールを早めに取得してください。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/feature-packs
ここでプロダクトキーを受け取るメールアドレスを記入してプロダクトキーを送るボタンを押下。
かなり待つとWindows Media Center Pack のプロダクト キーというタイトルのメールが届きます。

インストールしたWindows8にログインして
Windows8のスタート画面から右端の虫眼鏡マークを選択して、設定を選んでいる状態で「機能の追加」を検索。

IMG 1112

すると右側の検索結果に「Windows8への新規機能の追加」が出るのでそれをクリック
Untitled

これで送られたプロダクトキーを入力する画面が出るのでそこからメールのプロダクトキーを入力します。
プロダクトキーの登録には時間が余りかかりませんが
とにかくメールを待たされるので、Win8を買う予定の方はまず先にプロダクトキーの申請をしておくのがいいと思います。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/feature-packs
以上です。

なお、この手順による失敗等については責任を持つことが出来ませんので、あらかじめご了承ください。

2013年1月26日土曜日

Mbpr15にwin8をbootcampで入れてみた

Win8が安い期間が終わりそうなので、使うかどうかもわからないのに
Mbpr15にインストールしてみました。
自分が使ったものは以下のもの
・BootCamp用に持っていたWin7のディスク
・USB16GB
・USBマウス
・DVDがついたMAC(外付けDVDドライブがあればそのほうがいいと思います。)
・Amexじゃないクレジットカード
ほかのサイトでも色々と試してらっしゃる方がいるので、手順のみ追っていきたいと思います。
【1】DVDドライブの付いたMacでWin7のDVD isoイメージを作成する。作成したイメージをUSBにコピー、Mbpr15のデスクトップに保存する。これ以降DVDの付いたMacは使うことはありません。以後すべてMbpr15上での実行になります。
(*参考にさせていただいたサイト:MacでWindows7のDVDからisoイメージファイルを作る
Mbpr15にUSBを刺したままBootCampをスタートさせ、デスクトップのisoからUSBにインストール情報を保存する。BootCampでWindows用のドライバー類をダウンロード出来るのだが、あとで使うようにデスクトップに保存しておく。
ポイントはDVDドライブの付いたMACのBootCampではUSBにインストールディスクを作れないということです。そのためわざとMbpr15のBootCampでインストールUSBを作成します。
(*参考にさせていただいたサイト[Mac] BootCamp用のWindows 7 インストールディスクをSD or USBメモリに作る)
【2】BootCampの指示に従い、Win7をUSBからインストールる。Win7のセットアップが終わったらWindowsUpdateを行う。
(*参考にさせていただいたサイト[Mac] BootCampでWindows 7をインストールする! & インストール時の設定など)
【3】全て終了したら、USBを取り外し、シャットダウンを行い、optionキーを押しながら起動してMacの起動ディスクを選択してスタートする。
【4】取り外していたUSBを再度刺して、【1】で保存していたBootCamp用ドライバーをUSBにコピーし取り外す。Mbpr15のシャットダウン。
【5】Optionキーを押しながら起動し、Win7を選択する。
【6】Win7を起動させたあとにUSBを突っ込むと自動認識してくれるので、フォルダを開きBootCamp用ドライバーフォルダ内のSetup.exeを実行する。
【7】Win8の購入サイトに行く。Win8の購入をカードを使って実行(Amexは使用できなかった)。この時レジストリーキーを念のため記録しておく。
【8】Win8をインストール。
【9】インストール後すぐにはトラックパッドはクリックしか使えないはず。慌てずUSBマウスを刺してデバイスマネージャーからAppleBootCamp用のドライバー2つをUSBドライバーに変更。再起動を行う。
(*参考にさせていただいたサイトWindows 8をBoot Campで入れたがタッチパッドが認識されない

トラックパッド、キーボードともに使えない状態になってるかもしれない場合はUSBマウスを差し込み、左隅の入力補助選択をクリックした後、仮想キーボードを使ってログインする。
【10】デバイスマネージャーを開き、USBドライバーでAppleのドライバーに変更できるものがあるので、それ変更する。
【11】 管理者権限でBootCampコントローラーを実行する。起動用ファイルを作成し管理者権限で実行。
(*参考にさせていただいたサイトMac Book Proに Windows 8をBootCampでいれたらトラックパッドの2本指が使えない
【12】タッチパッド、キーボードの設定を行ったら再起動。
以上です。
トラックパッドのタップクリックもMacキーボードのWin向けキー配置も無事動いています。
なお、この手順による失敗等については責任を持つことが出来ませんので、あらかじめご了承ください。

2013年1月25日金曜日

Mbpr15用にMARC by MARC JACOBS のバッグをこっそり買ってました。

今まで13インチ向けのバッグしか持っていなかったので思い切ってPCバッグを新調しました。
いろいろなものがあって悩んだのですがメッセンジャーバッグは既に小さいながらも
持っているし、リュックもちょっと仕事で使うのは躊躇う時が出そうだし…

と思っていたところたまたま行ったショッピングモールでこんなのみつけたので買ってしまいました。





こんなの…
いやマジで衝動買い怖いわー。

奥さんに付き合ってショッピングした時MARC JACOBSはトートで2万。
それ以上は6万円とかしちゃうのかぁ。
よし。覚えた。俺近づかない。

と思っていたのに。

並行輸入店で12000円!!!

この値段だったら買っても後悔しないかなぁと。

Mbpr15が入るか心配だったのですが。
店員さんにMacのサイズを調べたり測ってもらった結果これは行けると。

ジャストな感じ













電源コードとMbpr15入れてこんな感じ。中に一つしかない小物ポケットにコードは突っ込みました。

あとiPadとノート数冊位なら楽に入りそうです。
PCバッグなのでクッションもちゃんと入っています。
ちょっと固めのクッションになります。


で、そろそろネガティブ感をお届けしますね。

1. ホントMbpr15とipadで限界。
カメラを持ち運ぶ方には完全に向きません。ジャンプを入れたいとかも無理です。

2. 売ってない。
まだ結構新しいとか嘘かホントか店員さんが教えてくれたのですが、これと同じバッグが楽天を探してもアマゾン見ても自分には見つけられませんでした。
並行輸入のショッピングモールとか探すとあるかもしれません。

3. 内ポケのファスナーが金属のためMbpr15が裸族な方は傷が心配。
これ他のバックでもそうなんですが、ファスナー金属にすんなよと突っ込みたくなるバッグ多くないですか?自分はspeckのケースを買ったので問題ありませんが傷対策が必要な方にはおすすめしません。

他にもいくつか種類があるみたいで、それらは楽天とかでも見つけられました。
MARC JACOBSのPCバッグを持ってる人を見たことがなかったのでちょっと変わったものが欲しい方にはいいんではないかと。


2013年1月24日木曜日

Mbpr15でgoogle IMEのアイコンが同じすぎるので変えてみた。

人によってはどーでもいいことをやってみたのでご報告。

自分はMacで入力にGoogleIME使ってるんですけどあれアイコンが皆同じで嫌になりませんか?

僕はなりました。

特にLaunchPadで見るとうわああああと。
でちょっと変えてみました。
あの青の「あ」アイコンまみれになるのが嫌だっただけなので、超高画質である必要はなく256x256サイズのicnsファイルを探してきて変更するだけになります。

LaunchPadでの実際の表示






アップデートだと変わっちゃうと思いますがまぁその時はその時でいいかなと。

アイコンを手に入れたサイトはhttp://findicons.comになります。

こんなことするよりGoogleさんに要望出したほうが早い気がしてきたのはきっと気のせい。


2013年1月22日火曜日

Mbpr15でLaunchpadのアイコンがデカすぎる。

*これが原因でFinderがこんなことになったかもしれません。ご利用を書いた本人がオススメ出来ません。十分留意願います。

さて、またまた先日買ったMBPRネタです。

ちょっといじってみると今まで触ってきた中で一番満足できるノートPCだなぁーというのが正直な感想なMBPR15。
開封の儀とかはいろいろすでに書いている方がいるので割愛するとして、心境としては
新しいもののほうが良いのは当たり前だけど15年以上PCを触ってきた中でこういう感覚になるなんてちょっと変な感じというくらい良かったです。

しかし全然納得行かなかったのがLaunchpadのアイコンがでかいこと。

これが15インチ一杯に

この画面を15インチで見ると…萎えます。
なんか目がおかしくなりそうな気がしたりします。

横7列になっててぬぼーっと。
ホントぃゃだ。









そこで、これを回避する方法を探してみるとos 10.7.1用のDockのアプリを入れ替えると回避できることがわかったので早速やってみました。

動画でわかり易かったのはこちら

実際にやってみると横7列が8列になって確かに改善されることがわかったのですが、
しかし、もっと小さくしたいんだと思ってしまったのが正直なところ(´・ω・`)

しかもDockがなんか変なことになっっってる…

Dockに笑顔がない
よく見るとわかるけど、
これDOCKのFinderアイコンが消えてる。












結局速攻戻しました。



とてもおすすめ出来ないのでソース場所とかは抜いています。
どうしても探されたい方は「dock.app 10.7.1 apple」で検索すると幸せになるかと。

自分はLaunchpadの中のものは強制的に複数アプリをフォルダ分けして管理。
すぐに使いたいものはデスクトップのDockに置く。
という運用で頑張っていきたいと思います。

2013年1月17日木曜日

speckのMbpr15向けケース 最安はアップルストアにあった件

先日macbook pro 15inch retinaを買ったのですが、
以前からspeckのケースを愛用していて色々探した結果
なんと一番安いのはここでした。

アップルストアが最安なんて...

ほかだと大体5000円前後。それが3980円(税込)で買えるなんて!!


13インチのretina 非レティナ。
15インチのretina 非レティナ。すべてが同じ値段です。


色は黒しか選べないのですが自分は実用に耐えてくれれば問題なかったので全然OKでした(`・∀・´)

早速ポチり。

macbook向けの浪費第一弾は以上です。

2013年1月15日火曜日

Mbpr15を買いました。

来年からオーストラリアで生活を考えていて
仕事上MacbookAirの11inchだとちょっとパワーが足りないという状態に陥りました。

向こうで買えばいいなぁと思っていたところ、オーストラリアは去年1AUD=70円台後半だったのがまさかの84円台に突入( ゚д゚)

もともとオーストラリアではApple製品が高く、コンセントの買い直しになることを考えてもトータルコストが安くなるため日本での購入に踏み切りました。
あと待っても新商品が出ない限り早く手に入れてしまったほうが早くいじれて出資に見合った購買体験ができるんじゃないかと言うのもフライングした理由です。

ポイントだったのは以下の点
・5年持つこと
(これはPCを買うときに、いつも夢と希望としていつも思ってます。結果大体2年で世代交代が起きて持ち運びしないことが増えます。)
・400MBくらいの画像をメモリ不足無く操作できること。(Macbook11inchではできませんでした。)
・容量は贅沢しない。これはNASに突っ込んで使う使い方が基本のためです。
・USキーボードであること(数年前から英字キーボードを愛用しており、キー配列が変わらないほうがいいなと)
・今まで買ったソフトを無駄にしないこと
・向こうでは車が中心の生活になるため重さはあまり気にしない。

もっといっぱいあるはずだったのですが、意外とこれくらいでまとまってしまいました。
13inchのMacbookPro Retinaを考えたりもしたんですが、13inchの場合Retinaがついた
普通のMacbook Pro 13inchでしかないかなぁという風に感じてしまい自分の場合は15inchしか選択肢がありません。

後はこちらの記事
@kennによるMacBook Pro Retina絶賛レビュー

いつも@drikinさんのブログを見てうゎ−きゃーしてるのですが
この記事は5回くらい見ました。

ホント危険です。15inch欲しくなります。

さて購入の時なのですが、学割を使える状況があったのでアップルストアに電話して聞いてみると質問が終わった後に
「こちらの電話でご購入いただけますよ!」
「・・・・うぞ( ゚д゚)。えっえっ。ちょっと待っで。」
もともと買うつもりだったこともあり、電話では質問だけのつもりが
気づけば買う予定だった構成をPCで見ながら購入してました。

買った構成は以下のもの
システム構成
2.6GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
16GB 1,600MHz DDR3L SDRAM
256GBのフラッシュストレージ
バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル

若干盛りすぎな気もしますが、1万7千円ちょっとでメモリが8GBから16GBにできるっていうのは想定内なのでともかく、CPUが1万円以下でアップグレード出来るっていうのは価格的に購買欲をそそり過ぎるんじゃないかと思いました。
まんまとそそられました。

11日に注文して本日上海から送る準備に入ったと連絡が今日来て東京に届くのは18日とのこと。

バックとかケースはまだ買ってないのでまだまだ出費がかさむと思います。
顔がにやけてるのは仕様です。