2013年2月6日水曜日

Mbpr15でXtraFindeが Error code is -600 とやらを吐いていた。

Mbpr15でXtraFinderをv0.15に更新したところなんかエラーを吐くようになりました。
Screen Shot 2013 02 05 at 6 33 03 PM
まぁ言われるとおりLaunchしなおしてたんですけど激しく困ってしまい。
これを治す方法を模索しました。結果治ったんですが、満足する治し方ではありません。
1. rm -rf ~/Library/Preferences/com.trankynam.XtraFinder.plist
これで取り敢えず設定を一回削除しました。
インストールディスク内のExtraフォルダ内 Disable Auto Add Login Item.app
を実行したらやれと言われてやりました。
Screen Shot 2013 02 06 at 4 32 45 PM

*これをやるとデフォに戻るといってるので下は当然ですね
2.XtraFinderを起動したら、ログインアイテムに含まれてしまったので、じゃぁ上記アプリだけじゃ意味ないねということで、ユーザー管理画面からログイン時のアイテムをザクっと消して、xtraFinderとitunesHelperだけにしました。
Screen Shot 2013 02 06 at 4 36 42 PM
3.ここで再起動したら怒られなくなってしまったので、何かと緩衝してたんだなぁということで必要な物をすこしづつ戻しました。追加しては再起動、追加しては再起動。
4.ある程度の段階で、エラーは起きませんし、他に設定したいアプリがないですし、再起動大変ですし(ぉぃ!)でこれでよしとしました。

Screen Shot 2013 02 06 at 4 53 35 PM

2013 2/7追記
*自分の環境で再び再現しました。試行錯誤を繰り返し犯人を探したところBox Syncが悪さをしていた模様です。
XtraFinderを起動している状態でBoxSyncをシステム設定から起動した際にXtraFinderが強制終了させられていることも確認しました。
BoxSyncをご利用の方ご注意ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿